腰に痛みは様々な原因があります

腰痛情報局

腰痛の原因

メンズ

骨・筋肉のトラブル

腰に当たる部分には、腰椎という骨があります。この腰椎の近くには、脊髄神経という脳につながるとても重要な神経があります。また、腰椎は、筋肉や靭帯によって支えられており、中の脊髄神経を守っています。さらに、腰椎と腰椎の間には椎間板というクッションがあり、骨同士がぶつかって傷つくことを予防しています。しかし、スポーツや事故などによる外傷で、腰椎や椎間板を損傷してしまうと、腰痛が起こる可能性が高くなるのです。

腰に痛みが出る椎間板ヘルニア

骨や軟骨に多く痛みが起きる際に良く聞くのが椎間板ヘルニアです。加齢や、姿勢の悪さなどによって腰椎の椎間板つぶれてしまうと、つぶれた椎間板が腰椎からはみ出てしまいます。はみ出た椎間板が近くにある神経に接触することで、それが刺激となって腰痛を引き起こします。椎間板ヘルニアを予防するには、普段から正しい姿勢を維持して、腰回りの筋肉をつける必要があります。

腰痛の原因

普段から腰痛に悩んでいる人の中で、最も多い原因が腰回りの筋肉の疲労による腰痛です。長時間座ったままのデスクワークや中腰になることが多い人であれば腰に負担が多くかかってしまいます。その為、このような姿勢を続ける人は腰を組み立てている筋肉と骨や関節にも負担を与え炎症を起こすことに繋がるのです。そうすることで、腰痛として痛みが現れてくると言えます。また、痛みに繋がる筋肉疲労は重だるさやハリが特徴となっています。

神経障害による腰の痛み

神経に障害が置きて腰に痛みが出てくる場合のことを座骨神経痛と言います。この座骨神経痛は、神経に何らかの刺激や損傷があることで痛みを伴うのです。また、ぎっくり腰などの痛みとは違い針で刺すような痛みが起こります。座骨神経痛を放置しておくと神経をさらに圧迫することになり両足の痺れや歩行障害などの症状が出てきてしまうので、早急な治療が必要となるでしょう。

病気が原因となる腰痛

腰痛は、内臓の病気が原因で痛みが出ることもあるのです。内臓は腰の前に多くあるので腰痛と密接な関係と言えるでしょう。この時の痛みは人それぞれ異なります。また、腰痛が起きやすい病気に挙げられるのが胆石や子宮内膜症やがんがあります。これらの病気を患っている人は腰に痛みを伴う可能性があると把握しておきましょう。

腰の痛みを軽減する

腰痛

腰の痛みを軽減する

腰痛には対処法があります。対処法を知っておくことで万が一の時でも安心です。また、痛みがすでにある人であればストレッチなどの改善方法を取り入れることで腰痛解消が期待できるでしょう。

READ MORE
広告募集中